新しいロンジンコピー1935 クロークドネックブロンズ時計

斜め文字盤とムーブメントが特徴「A-7 1935 レプリカ」ブロンズは、2016年第2世代ロンジン コピークロノグラフをベースにしており、さらに遡れば、1930年代にアメリカ陸軍航空隊に供給されたロンジンプロトタイプ時計をベースにしています。特徴的なケーススタイルを残しつつも、素材と色組み合わせが印象的なこ記念モデルは、さらに異彩を放っています。ケースはブロンズ製で、文字盤はブルーまたはシャンパン色で、メタリックなサンブラッシュ仕上げが施されています。
ブロンズは現在、特にこ価格帯では少し流行り廃りがあるように思われますが、ロンジンスーパーコピー時計にとっては非常に珍しい現象です。ロンジンがブロンズケースを採用したモデルは、クウェート伝統的なミリタリーモデル限定モデルに続き、今回新作「A-7」が2つ目となります。新モデル「A-7」ケースは、92%銅と8%錫を組み合わせたリン青銅で作られています。チューダー・ブラックベイ・ブロンズやモンブラン1858クロノグラフなど時計コピーに使われているアルミブロンズ合金が茶色がかった銅緑を形成しているに比べて、リン青銅はより赤みを帯びた色合いを持ち、時間経過とともに酸化が進んで青緑色に変化していきます。
それは実際にはエレガントなラウンドファゴットケースとサテン仕上げとサテン仕上げ表面おかげで、41mm時計が感じるよりも小さく見えます。文字盤には、サテン仕上げサンバースト模様とゴシック文字大きなアラビア数字、カテドラル針、レイルウェイミニッツトラックなど、1930年モデル典型的な要素が散りばめられています。同様に、文字盤は垂直から40度回転していますが、これはもともと時刻を読みやすくするためもでした。初期頃、ブランドコピー時計は戦闘機パイロットグローブ外側に装着していたため、パイロット腕をレバーに向けて伸ばした時に直感的な読み取り角度が得られ、意図的に角度を調整する必要がありませんでした。