カルティエスーパーコピーRotonde de Cartier時計

吊り針ついた透明な文字盤、こようなモデルに直面したとき、斬新さと神秘性両方を感じることはありませんか?実は20世紀には早くもカルティエコピーをはじめ多くブランドがこようなミステリアスな時計を製作し、当時人気を博していましたが、カルティエはこ特別な工芸品を「ロトンド ドゥ カルティエ」コレクションに持ち込んだです。
こ時計は、文字盤左側を中心としたオフセンターデザインが、カルティエ「ロトンド ドゥ カルティエ」コレクション「ミステリアス」な性格を引き継いでおり、剣ような形をしたローズゴールドメッキスチール製針が宙に浮いているように見え、それと連動したパーツが一切見えないようになっているが特徴です。動作原理は、2つ針が別々クリスタルに固定されていますが、針はムーブメントに直接つながっているわけではなく、サファイアクリスタルディスクによって駆動され、一方が分針を、もう一方が時針を駆動することで、宙に浮いているように動くというもです。原理はそれほど複雑ではないように見えますが、やはり作るはかなり難しいです。
こロトンド ドゥ カルティエスーパーコピー時計 ミステリーアワー スケルトンウォッチケースは、18Kピンクゴールド製で、直径42mm、厚さ11.9mmです。 文字盤はスケルトン化されており、ローマ数字がスケルトン化された受けにデザインされているなど、細部にまでこだわりが感じられます。 18Kピンクゴールドベゼル型リューズにカボションをあしらったリューズが、カルティエクラシカルなデザインを際立たせています。ケースは側面からポリッシュ仕上げが施され、丸みを帯びたラインと細やかなカラーリングが特徴です。ラグとストラップ間リンクには、ねじ込み式形をした装飾が施され、華やかさをプラスしています。
手巻きキャリバー9983 MCを搭載しています。ムーブメント全体厚さはわずか6.12mmで、カルティエ2013年ミステリーモデルに搭載されたムーブメント「998MC」と比較すると、こミステリーアワーはスケルトン化特徴が加わっているため部品点数が少なく、全体的にすっきりとした印象ビジュアルに仕上がっています。